腎臓病は1度患うと完治することはありません

食事を元にして得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、増加する事態になります。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を体内へと送り続ける必要があるのです。腎臓病の人のためにたんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が落ちていく程、より厳しく食事を管理しないとならない状況に陥ります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー量にも制限が生じます。自己の判断で適当に献立を決めずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く含まれています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個と同量くらいのたんぱく質が含まれている訳です。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分制限だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を元に医師が決定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の進行を遅らせることと、体調を良好に保つことにあります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を元に腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を始める時期を遅くしていけます。更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は非常に重要な治療法です。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に多少なりに腎臓に負荷が生じます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分に変換した場合30~40gとなります。腎臓病の食事療法がうまくいくと、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。そうとう上手くいった場合、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられたりするのです。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に取り組める最善の手法になります。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓内で分解された末尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が多くなるために、本来の値よりクレアチニン量が低下します。