腎臓病の食事はたんぱく質を制限します

腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病を極力進行させない事と、現在の健康状態のキープです。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法によって腎不全への進行を遅らせることができ、透析を始める時期を遅くしていけます。また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は重要視されます。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせることが出来る場合もあります。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。日々の食事で得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を正常に保つために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしましょう。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が飛躍するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、増加する事態になります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を維持することが必要となります。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は制限を設ける項目は塩分だけになります。水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓機能が悪化すれば、より厳しく食事を管理する必要があります。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー量にも制限が生じます。独断で食事プランを立てずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質が含まれます。お世話になってるサイト⇒腎臓病食事