ストレスはニキビの大敵!

背中ニキビの防ぎ方を考えるとき、まず挙げられる原因は、お風呂にあります。洗顔には気を配るものの体は特に気にしていない人は危ないです。背中ニキビは、自分からは鏡を二枚駆使して見ないかぎり、中々目につかない割に、タンクトップなど背中が露出する服をまとうと、他人からはかなり目立ってしまう、実に厄介な肌トラブルです。背中や二の腕・お尻・太もも、またふくらはぎなどにブツブツがあるのに気づい立ときは、毛孔性苔癬であることもありえます。毛孔性角化症と言われていることもあり、その原因は古い角質の肥厚化です。一見ニキビのようですが、大きく異なるのは細菌が起こす炎症ではない点です。要因としては遺伝的要素が強く、年をとっていくにつれて何もせずとも治るケースも多いと言われています。肌の新陳代謝が活動的になる午後10時からAM2時に、しっかり睡眠時間を設けることはストレスをカットしてくれます。ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビを誘発する糖質コルチノイドが作られます。不潔さのない寝具で十分に寝ることは、ストレスカットにも貢献しニキビ発生も抑えられる期待できるニキビ予防法です。背中ニキビができる要因としては、乾燥や寝不足、疲れなどの物理的ストレス、また精神的ストレスによると思います。大きなストレスによる負荷がかかると、自律神経のなかでも交感神経が活発な反応を示します。交感神経が優位になった場合、多量に男性ホルモンが分泌されるようになり、正常なホルモンバランスではなくなってしまうのです。男性ホルモンには、皮脂分泌の促進、角栓の発生に加え、毛穴の縮小を引き起こします。背中を洗うのは、汚れを落としたいといっても、ナイロンタオルやボディブラシを持って力強く洗ってはいけないのです。肌のバリア機能が強い刺激によって低下したり、ニキビが背中にできているときには、傷付けてますます炎症指せてしまいます。汚れや余分な皮脂・古い角質といったものはきれいにしなければいけないのですが、こすり過ぎないようよく注意しましょう。背中ニキビを治すには、大人ニキビと同じようにビタミンC誘導体を保有したローションだったり化粧水による保湿、毛穴をふさいでいる角質をピーリングすることが中央になるでしょう。ピーリングはクリニックに限らず、自分でも簡単にできます。入浴時にピーリング石鹸を使用すれば、古い角質を取り除くのは持ちろん、薬剤を肌に残す畏れもなくなるでしょう。お風呂からあがったら十分な保湿を行うことも大事です。ニキビが顔や胸にはないはずなのに、背中にできたニキビだけが悪化している人も多いと聞きます。顔にできるニキビとちがい背中ニキビは悪化するまで気がつきにくく、気付いたころには慢性化しており、治療が長引くことがあります。かゆみや痛みが強く感じられるときには、出来る限り専門医を受診しましょう。強い炎症を起こし、さらに悪化してしまうと、ニキビ跡が消えない事態にもなりかねないのです。背中ニキビを治したり、防ぐために摂るべき栄養素は、ビタミンB群です。豚肉やレバー、また乳製品などにふくまれるビタミンB2、カツオ、マグロ、鶏指さみなどが含有するビタミンB6には、皮脂分泌を抑える作用があります。かぼちゃ・にんじんがもつ豊富なビタミンA、ゴマや玄米が含む亜鉛、レモンやイチゴにふくまれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。人間の皮膚は、マラセチア菌という常在菌がいて、このマラセチア菌は皮脂を好みます。中が皮脂でいっぱいになった白ニキビの内部は、マラセチア菌には最も好ましい環境です。ニキビの中にマラセチア菌が入ってしまうと、大量の皮脂を餌にどんどん増殖し、皮脂が含むトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。大人になってからできた背中ニキビは、規則的な生活が送れていなかったり、睡眠が足りていなかったり、食習慣の乱れなどが要因となっています。自律神経の乱れが起きると、ホルモンバランスの乱れも引き起こし、肌トラブルの原因になるでしょう。まずは生活を見直してみましょう。ビタミン類を多く含んだ食事をなど栄養バランスにも気をつけ、規則正しい生活を心がけて、しっかりと眠ることが重要です。参考:背中ニキビ保湿クリーム